イベント案内 「大井村の歴史散歩」

大井村の歴史散歩

 柏市大井(旧沼南町)の史跡を巡るイベントを、次のとおり開催します。なお、予約は不要です。

【日時】  11月8日(日)午前9時30分~午後3時
【集合場所】  福満寺(柏市大井1708 )、駐車場あり
※バスの場合は、東武バスのバス停「大井」で下車し、徒歩10分。バスは柏駅東口4番乗り場から発車します。柏駅発9時までのバスにご乗車ください。
【参加費ほか】 500円(会員200円)。昼食は各自持参(屋外のため、シートなど必要な方はご持参ください)。
※雨天中止。中止の場合は、当日午前7時過ぎにこのブログでお知らせします。

◆◆ルート◆◆
福満寺(レクチャー:大井村の歴史概観)、境内散策―→(東山遺跡)―→(古道を散策)―→車ノ前五輪塔―→阿弥陀様板碑―→船戸古墳群(昼食)―→箕輪城址(解散Ⅰ)―→柏市沼南庁舎(解散Ⅱ)   
※福満寺でのレクチャー:当会副代表・中村勝(柏市史編纂委員)
※歴史散歩は箕輪城址で終わりですが、バス停に近い柏市沼南庁舎までご案内します。沼南庁舎での解散時間は、午後3時30分を予定しています。

◆◆各史跡について◆◆
◎福満寺 天台宗。手賀沼からの小さな谷津頭に位置し、境内の弁天池や鏡の井戸など、涌水が豊富に湧く場所に建つ寺院です。旧薬師堂の棟札には承和11年(844)11月8日の年記があり、「南相馬庄大井郷別当福満寺」と記されています。古い村落の起源をさぐるには、この古刹は欠かせない研究対象となります。
◎車ノ前五輪塔と阿弥陀様板碑  大井には、この地域ではかなり目立つ、中世の大きな石造物が2点存在します。利根川流域は石を産出しない地域。この財力は何だったのでしょうか。
◎船戸古墳群  古墳造りが大流行した古墳時代後期ですが、その様相のわかる古墳群は、東葛地域にはほとんど残っていません。この古墳群はもっとも密集している中心部あたりが残っています。約20基あり、貴重な景観が見られます。
◎箕輪城址  戦国時代末期の城。隣接する病院建設以前は、4つの曲輪が残っていました。現在は半分ほどになりましたが、中世城郭の構造を知る、教科書のような城だと言われています。

その他開催予定のイベント―12月13日(日)―
 どなたでも参加可能です。当日、直接会場にお出でいただいても結構ですが、資料の関係もありますので、できるだけ事前に「参加」のご連絡をいただきたくお願いします。
◎研究会「柏周辺の軍事遺跡について」 午後3時~
◎定例会議 午後2時~
◎忘年会 午後5時~
※いずれもカルチャー&ギャラリー花野井坂(柏市松葉町6-8-1)


(10月30日更新、事務局)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

teganoumi

Author:teganoumi
当会はボランティアで運営しております。メール問い合わせには数日いただく場合がございます。
メールはkashiwa.rekishi.club*gmail.comまで、*を@に変えて送信願います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター