戦跡めぐり「幻の戦闘機『秋水』を訪ねて」

 常総生活協同組合(本部:茨城県守谷市)から、「柏飛行場・秋水を中心とする戦跡めぐりの案内をお願いできませんか」という問い合わせを10月初旬にいただきました。その後、会員有志で、また常総生協の方々と一緒に下見をし、ルートを決め、11月18日に戦跡めぐりを実施しました。当日は当会会員の栗田尚弥さん(國學院大學)が解説。そのほか、「NPOこんぶくろ池自然の森」のみなさんが公園内の掩体壕の暫定観察路をつくってくださったり、戦時中柏飛行場周辺で生活されていた方が思い出を話してくださったりと、いろいろなご協力がありました。              
 【ルート】移動は貸切バス、10時~15時30分
こんぶくろ池自然博物公園(掩体壕)→東誘導路跡→柏の葉公園センター(レクチャー)→通称102部隊正門・陸軍航空廠立川支廠柏分廠跡→(昼食)→秋水燃料庫群→*旧吉田家住宅歴史公園

①こんぶくろ池自然博物公園
 NPOこんぶくろ池自然の森の事務局長・古橋勲さんの解説で園内を歩きました。同公園には自然度の高い多様な動植物の生態系が残り、史跡としては野馬土手と掩体壕が保存されています。

こんぶくろ池4(ブログ)
▲ところどころ紅葉した木々の姿がこんぶくろ池に映る、晩秋の風景を楽しんだ

◆野馬土手
こんぶくろ池2新 (ブログ)
▲江戸時代、この一帯が幕府直轄の放牧場「小金牧」だった名残。野馬をとらえたり誘導したり、いろいろな目的のために土手が築かれた

◆掩体壕
掩体壕見学(ブログ)
▲掩体壕のための暫定観察路に加え、看板も設置していただいた

掩体壕2(ブログ)
▲この掩体壕は馬蹄(ばてい)形。戦況が悪化するなか、敵の爆撃から戦闘機を守るために飛行場外に掩体壕が次々とつくられた

◆東誘導路跡(こんぶくろ池自然博物公園に沿った道)
誘導路跡(ブログ)
▲現在も道として使用されている東誘導路の一部。この東誘導路沿いに6基の掩体壕を確認。ただし、完全な形で残っているものは2基(2009年7月、当会調べ)

②レクチャー(柏の葉公園センター)
レクチャー(ブログ)
▲「飛行場がなぜ柏につくられたか、配備された部隊、軍郷はどのように形成されたか、秋水について」などが説明された

③通称102部隊正門・陸軍航空廠立川支廠柏分廠跡
 通称105部隊、立川支廠柏分廠の本部・兵舎・格納庫などがあった場所。105部隊の正門のほか、当時の建物がわずかに残っています。
正門2 (1)(ブログ)

飛行場正門(ブログ) (2)
▲秋水の訓練用につくられたグライダー(秋草)が近くに隠されていたこと、小学校の先生に連れられて誘導路に松の枝をさしにいったことなど、当時のエピソードを地元の方が話してくださった

分廠石垣

分しょう(ブログ)

ガス庫(ブログ)

④秋水燃料庫群(花野井)
 戦争末期、秋水の燃料庫は柏飛行場以外に柏市大室~花野井にもつくられました。ただし現在は、花野井地区に完全な形のものが2基、部分的なものが2基残っているのみ(2011年1月16日、当会調べ)。今回はその花野井地区を歩きました。
燃料庫1a(ブログ)

燃料庫1b(ブログ)

燃料庫2a(ブログ)

燃料庫3(ブログ)

⑤旧吉田家住宅歴史公園(花野井)
 戦跡ではありませんが、「柏の歴史に触れられる場所」として、ルートの最後に加えました。建物は国指定重要文化財、庭園は国登録記念物。案内は同公園のボランティアガイドの方にお願いしました。

吉田邸3(ブログ)
吉田邸2(ブログ)

(2012.11.28 J.U.)

スポンサーサイト
プロフィール

teganoumi

Author:teganoumi
当会はボランティアで運営しております。メール問い合わせには数日いただく場合がございます。
メールはkashiwa.rekishi.club*gmail.comまで、*を@に変えて送信願います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-