訓練棟公開に300人が来場

 柏市根戸・高野台町会との共催で11月28日(土)に実施した「高射砲連隊訓練棟の特別公開」に、約300人の方が参加されました。
会場には、訓練棟や掩体壕(えんたいごう)の模型、写真やパネル、ユネスコの世界記憶遺産に登録された木内信夫氏の絵を展示。また木内氏、調査をされた金出ミチル氏、柏市教育委員会文化課の小宮山勉課長も来場され、ご挨拶や建物解説をしていただきました。
 普段は閉鎖されている訓練棟ですが、特徴ある外観は道からでも見ることができます。記事末尾に地図を掲載しますので、近くに行かれた際はぜひご覧ください。

■高射砲連隊訓練棟の特別公開(高野台町会と共催、柏市教育委員会協力)
訓練棟公開1

訓練棟公開2
▲参加約300人

■柏北部の戦争遺跡めぐり(首都圏形成史研究会と共催)
戦争遺跡めぐり
▲参加21人
解説  小林正孝氏
流山おおたかの森駅→(バス)→柏飛行場正門→開墾碑→掩体壕(こんぶくろ池自然博物公園内)→柏の葉・秋水燃料庫(埋め戻されているため実物の見学は不可)→昼食/柏の葉キャンパス駅→(バス)→花野井・秋水燃料庫→(バス)→根戸・高射砲連隊・歩哨所→高射砲連隊訓練棟 

■ミニ・シンポジウム「首都圏と軍隊」研究の成果と課題に関する報告
(首都圏形成史研究会と共催)

ミニシンポ
▲参加42人
報告
・櫻井良樹氏(麗澤大学):柏の軍事遺跡から考える
・吉田律人氏(横浜開港資料館):「首都圏と軍隊」の現在
・土田宏成氏(神田外語大学):今後考えられるいくつかの論点
コメンテーター/中野良氏(国立歴史民俗博物館)

マップ
▲高射砲連隊・訓練棟(柏市根戸)




(2015_12_2)



スポンサーサイト
プロフィール

teganoumi

Author:teganoumi
当会はボランティアで運営しております。メール問い合わせには数日いただく場合がございます。
メールはkashiwa.rekishi.club*gmail.comまで、*を@に変えて送信願います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-