要望書への回答(柏市教育委員会文化課から)

 当会が、柏市長・教育長あてに提出した要望書(2009年10月5日)に対し、文化課から2010年1月20日、回答(口頭)がありました。要望書を受けてからの文化課の対応、また今後についての話でした。内容を以下にまとめます。

1)会の提出した図をもとに、市教育委員会の職員(学芸員)が現地を確認した。

2)広域および各掩体壕の測量図(コンター図)9枚を、千葉県教育委員会を通じ入手し、会へ提供した。

3)「柏飛行場見取り図(『柏の歴史アルバム』掲載)」についての書籍を探し、参考部分のコピーを会へ提供した。

4)自動車教習所横の掩体壕は、市管轄の公園になるため、保存可能。文化財として多くの人が見学できるように、例えば散策路が掩体壕の近くを通るようにするなど、公園整備の担当課に働きかけていきたい。文化課としては、掩体壕についての看板をたてることはできる。その他、整備について市民側から要望があれば、そのつど検討する。また、これらの掩体壕の発掘調査については、現時点では考えていない。

5)市全体の戦跡の体系的把握について
現地へ行っての調査は、人員的にすぐには無理だが、文化課内の資料を整理・体系化することから始める。とりあえず、戦跡について市民から問い合わせがあったときに答えられるようにしていく。

(2010年4月3日事務局)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

teganoumi

Author:teganoumi
当会はボランティアで運営しております。メール問い合わせには数日いただく場合がございます。
メールはkashiwa.rekishi.club*gmail.comまで、*を@に変えて送信願います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-