高射砲第2連隊・歩哨所の保存のための寄付金を贈呈

当会から柏市へ20万円を寄付 
 太平洋戦争時、富勢村根戸(現柏市根戸)にあった高射砲第2連隊の歩哨所保存のために、当会では昨年10月から寄付金を募集しました。会員の皆様のご厚意が集まり、2か月間で寄付金額が20万円となったため12月18日、柏市へ贈呈しました。
 当日は、上山和雄代表(國學院大學教授)、青山茂副代表、櫻井良樹監事(麗澤大学教授)、事務局から岸本さんと浦久の計5人が会を代表して秋山市長にお会いし、贈呈。その際、柏市の戦争遺跡の説明や「江戸時代から現在まで、ダイナミックに変貌をとげた柏の歴史を、柏の子どもたち・市民の方々、市外・県外の人にも知ってもらいたい」と話し、「戦争遺跡を活用して、史跡めぐり・ウォーキングのコースをつくってはどうか」など、いくつかの提案をしました。
 今回の歩哨所の移設・保存に関しては、当会のほか市内2団体からも寄付が集まり、市民側から柏市へ合計約25万円が寄付。その動きをうけて柏市も補助をし、歩哨所の移設・保存が実現しました。
 なお、柏市から会へ「お礼のことば」をいただきました。併せて掲載します。

寄付金贈呈2(ブログ)
▲上山代表から秋山市長へ寄付金を贈呈

お礼の言葉2(ブログ)

【お礼のことば】
手賀の湖と台地の歴史を考える会代表 上山和雄様 
 このたびは、根戸高野台に所在した陸軍部隊の歩哨所の移設及び保存・管理のために、多額のご寄附を賜り、厚くお礼申し上げます。
 市といたしましては、今回の移設保存に限らず、柏市の歴史を語り伝える多くの文化財の保存・活用に、より一層努めることで、ご厚意に報いたいと存じております。
 今後とも、ご支援ご協力を賜りますようお願い申しげます。
    平成24年12月18日    柏市長 秋山浩保

戦跡説明(ブログ)
▲秋山市長に柏市の戦跡の現状を説明し、今後を提案

(2013年1月14日 事務局)

スポンサーサイト
プロフィール

teganoumi

Author:teganoumi
当会はボランティアで運営しております。メール問い合わせには数日いただく場合がございます。
メールはkashiwa.rekishi.club*gmail.comまで、*を@に変えて送信願います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-