FC2ブログ

「柏飛行場と秋水」を歩く

展覧会「柏飛行場と秋水 1945~2020」<12月7日(月)
~20日(日)>の関連事業の一つ、ウォーキングイベントを
当会主催で開催します。

◆12月20日の「柏飛行場と秋水を歩く」は予定通り
実施します。なお、このウォーキングイベントはすでに
申し込みを済まされた方のみ、ご参加いただけます。
(12月19日6時 事務局)

■「柏飛行場と秋水1945~2020」を歩く
 第二次世界大戦中、柏の葉地域には旧陸軍柏飛行場が
ありました。柏の葉や花野井に現在も残る秋水燃料庫・えん
たい壕などの戦争遺跡をめぐりながら、その歴史に触れます。
柏の葉で開催中の展覧会「柏飛行場と秋水」も見学します。

日時:2020年12月20日(日)9時~15時 
     雨天決行、荒天のみ中止
集合:9時、つくばエクスプレス 
     柏の葉キャンパス駅改札口前 
解散:15時頃、つくばエクスプレス 
     柏の葉キャンパス駅 
解説:展覧会=八谷和彦氏(東京藝術大学美術学部准教授)、
   こんぶくろ池自然博物公園=岡本曻氏
     (NPO法人こんぶくろ池自然の森会長)、
     戦争遺跡=柏歴史クラブ
対象:1人で歩行できる方(約6㌔を歩きます)
     /小学生は保護者同伴(未就学児不可)
定員:申込み先着20名(定員になり次第締切)
参加費:300円(資料代込)
 ※柏の葉⇔花野井は路線バスを利用します。そのバス代と
  昼食代は各自ご負担ください。     
申込:メール。12月1日(火)受付開始
※参加者全員の居住市町村名、お名前、年齢、連絡のつく
  電話番号をお知らせください。参加人数が限られているため、
  「参加可」「定員を超えたため参加不可」の返信を必ず
  差し上げます。確認のうえ、ご参加ください。
申込・問合せ先:kashiwa.rekishi.club@gmail.com 
【注】このイベントは保険に入っておりません。
   ご了承のうえ、お申込みください。
【注】荒天の場合、中止となります。当日朝6時までに、開催の
   有無を当会ブログに掲載しますので必ずご確認ください。
   中止の場合、集合場所にスタッフはおりません。


まち歩きチラシ1(2020_12_20)
スポンサーサイト



展覧会「柏飛行場と秋水 柏の葉1945~2020」

展覧会コンセプト
 75年前、柏の葉エリアには「柏飛行場」と呼ばれた飛行場が
ありました。 第二次大戦末期、柏飛行場では、首都圏を空襲
するB29を迎撃するため「秋水」と呼ばれる日本初のロケット
有人機が配備される予定で、グライダー機「秋草」による訓練
やエンジンテストが行われていました。また、試験飛行に備え
て、試作2号機も終戦直前に納入されてもいました。敗戦とと
もに、これらの機体はすべて焼却されてしまいましたが、柏の
葉周辺にはこの秋水の配備に備えた燃料庫や、戦闘機
鍾馗他) を隠すためにつくられた「掩体壕」跡地があります。
 本展では、現代の街並みに残る《歴史の痕跡》をめぐりながら、
映像、写真、模型など様々なメディアやアプローチに
より、柏の葉に眠るエピソードを探ります。

※この展覧会は、東京藝術大学・三井不動産株式会社が
主催していますが、柏歴史クラブは地元団体として
協力しています。ご観覧ください。

日時:2020年12月7日(月)~20日(日)9時~21時、
  ただし20日のみ17時まで
場所:柏の葉 T-SITE(柏市若柴227-1)1F
内容
 ・戦時中の白黒写真のカラー化
 ・プロジェクションマッピングを行った柏飛行場ジオラマ
 ・秋水模型
 ・まち歩き動画ほか上映
 ・パネル展示他
費用・申込:予約不要、入場無料
主催:三井不動産株式会社、東京藝術大学

展覧会公式サイト→こちら

展覧会の詳細が更新されているノート
柏飛行場と秋水 - 柏の葉 1945-2020|  hachiya #note
   →こちら

「柏飛行場と秋水ー歴史めぐり街歩き動画」
前半→こちら
後半→こちら
※展覧会会場で流されている動画です。

柏飛行場と秋水おもて

うら(軽)



プロフィール

teganoumi

Author:teganoumi
当会はボランティアで運営しております。メール問い合わせには数日いただく場合がございます。
メールはkashiwa.rekishi.club*gmail.comまで、*を@に変えて送信願います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-