請願が全会一致で採択されました

柏市議会12月定例会に、以下の請願書を提出し、賛成34人、反対0人の全会一致で採択されました。当会の活動につきまして、ご理解・ご賛同いただき、厚くお礼を申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
市域に残る戦争関連遺跡の調査・保存・公開に
関する請願書


紹介議員 柏清風:山田一一議員、公明党:中島 俊議員

請願趣旨 
 柏北部に集中する戦争関連の近代遺跡は、柏を含む東葛北部の近代を最も良く物語る遺物です。これらを調査し、次の世代に引き継いで行くのは、今に生きる私たちの大切な務めと考えます。現在柏北部で明らかになっているこれらの遺跡と共に、市域に残る戦争関連遺跡の総合的な調査・保存・公開を行うよう請願いたします。

請願理由
 当会は2009年に設立以来、柏市内、手賀沼や白井などの古代から現代に至る史跡や自然に親しむ催しを開催すると共に、当地域が大きく変貌する昭和期の歴史に注目し、市・県教育委員会の理解と支援を得つつ、調査活動を続けてまいりました。
 当会の活動は新聞やテレビなどでも報じられ、また私どもも折々に皆さま方や市長・教育長にもご報告、お願いをしておりますので、ご承知いただいている点もあるかと存じます。多くの市民のご参加を得、マスコミにも報じられました11月初旬の高射砲第二連隊訓練棟(旧、柏西部消防署根戸分署)の公開事業と、11月下旬に予定しています花野井の秋水燃料庫の開口調査により、私どもの手掛けている調査は一段落します。
 古い時代の遺跡は、法律で調査・保存するように定められていますが、近代の遺跡にはそのような仕組みはなく、開発によってどんどん破壊されているのが現状です。いうまでもなく調査や保存・公開は、小規模なボランティア団体で行えるものではありません。市や県などの行政が主導し、私たちのような市民ボランティア団体が協力することによって、初めて可能になるものと考えております。
 明らかになっている柏北部の近代遺跡は、柏を含む東葛北部の近代を最も良く物語る遺物です。近代遺跡は、北部だけでなく市内各地に散在しております。これらを調査し、次の世代に引き継いで行くのは私たちの務めと考えております。そのためには、行政の力と行政に大きな影響力を持っておられる皆様方のお力が不可欠でございます。ぜひお力を賜りますよう、お願い申し上げます。
 以下、現在柏北部で明らかになっている戦争関連遺跡に関して具体的なお願いを記すとともに、なお市内に残る戦争関連近代遺跡を総合的に調査・保存・公開していただくよう請願いたします。

Ⅰ高射砲第二連隊訓練棟  
 旧陸軍の馬糧庫、あるいは弾薬庫と言われ、消防署分署として使われてきたが、調査の結果、高射砲連隊の「照空予習室及側遠器訓練所」であることが明らかにされた。同様な建物は兵庫県加古川市に所在することが確認されたが、民間に払い下げられて大きく形を変えており、原形をとどめているのは柏以外には存在しないと思われる。
 このように貴重な建築物であるだけに、できるだけ原型を保存すると共に、活用を図るべきと考える。旧沼南庁舎の柏市郷土資料室は南部に偏しており、北部にも同様な、柏地域の歴史・民俗・自然などの資料を収蔵、展示する施設を設置してほしい。恒常的な展示施設ではなくても、年何回かの企画展を行ったり、イベントを開催できるような施設でも良いであろう。

Ⅱ花野井の秋水用燃料庫  
  柏飛行場は、超空の要塞と言われ、我が物顔に空襲するB29迎撃の秘密兵器として開発された「秋水」の拠点飛行場となった。ロケット燃料の本格的貯蔵庫が花野井と大室に8基建設され、現在は2基を残すのみである。厚木にも燃料庫が建設されたが、現在では確認できない。花野井の燃料庫は、1基は民有地、1基は国有である。横浜や館山など他地域に残っている弾薬庫・地下壕などと同様、内部を観察できるように整備してほしい。

Ⅲ柏の葉の秋水用燃料庫  
  飛行場に隣接して、直径2mに及ぶヒューム管を利用した燃料庫がいくつも建設され、当会の調査により、5基の存在を確認した。そのうち4号基は道路予定地として撤去され、5号基は利用予定敷地として発掘され、ヒューム管が露出したままとなっている。1・2号基は公園予定地内にあって試掘・調査されたが、埋め戻された。
 露出したままとなっている5号基は開発の障害にならないところに移設するのが望ましいが、諸般の事情で移設できない場合は記録保存もやむを得ない。また、原形を比較的とどめている2号基の土の覆いを取り除き、どんなものであったかを目で確認できるようにしてほしい。

Ⅳ掩体壕   
 掩体壕はいくつも確認できたが、民有地などであったため、開発に伴って次々に破壊され、こんぶくろ池の掩体壕だけが残る予定である。

Ⅴ弾薬庫など  
  以上記した遺跡以外に、当会では頑丈なコンクリート製の弾薬庫2棟、圧搾室1棟を確認している。所有関係が複雑なためすぐには保存・公開はできないが、外壁には大きな弾痕も残されており、行政の力でぜひ調査・保存・公開の手立てを取ってほしいと考えている。 

平成28年11月25日
提出者 柏歴史クラブ代表 上山和雄

*柏市花野井の秋水燃料庫調査のための募金については、一つ下の記事で掲載しています。 
スポンサーサイト
プロフィール

teganoumi

Author:teganoumi
当会はボランティアで運営しております。メール問い合わせには数日いただく場合がございます。
メールはkashiwa.rekishi.club*gmail.comまで、*を@に変えて送信願います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-