イベント案内「講話・野馬土手と小金牧開墾」

■第1回例会「野馬土手と小金牧開墾」■  

お申し込み、ありがとうございました。定員になりましたので、受付を終了いたします。

当会の中村勝副代表による講話。約70分を予定しています。人数に余裕がありますので、会員以外の方の参加も可能です。参加ご希望の方は事務局までお申し込みください。

 野馬土手とひとくくりに言っても、築かれた時期、機能など、同じではありません。また、その野馬土手を壊しながら進められた明治時代の開墾は、現代の土地利用にもつながります。
 柏を中心にした地域特有の歴史を知ることのできる講話です。

日時:2月20日(日)午後3時~5時30分
場所:アミュゼ柏(柏中央近隣センター)会議室C
参加費:資料代.会員100円、会員外300円
申込:要予約。
※中村副代表の講話&質疑応答のあと、午後4時45分ぐらいから、会員による「通信基地跡地の開墾」についての報告もあります。
スポンサーサイト

花野井・大室地区の地下壕調査を実施

■花野井・大室地区の地下壕調査を実施しました■

 柏市花野井・大室の「秋水燃料貯蔵庫」は何基現存しているか――会では未確認だったため1月16日(日)、秋水に詳しい会員を中心に有志4人で調査しました。

 国交省が2009年度に実施した「特殊地下壕実態調査」によると、柏市内に残っている地下壕は3基。そのうち「危険又はその可能性のある地下壕」はゼロとなっています。その調査結果が正しいかどうかの検証も、今回の調査の目的の一つでした。

 写真はいずれも地下壕の出入り口の現状(花野井)。
『柏に残された地下壕の謎』の地図をもとに、地元の方の聞き取りもしました。「花野井地区に4基残存」ということになりそうですが、片方の出入り口しか確認できなかった地下壕もあり、詳細は後日まとめられ、発表される予定です。

 この日は寒風の中、雪を踏みしめての探索となりました。毎度のことながら藪こぎの腕が試されるハードな一日でした。


ⅠAブログ用
ⅠBブログ用
ⅡA①ブログ用
ⅡB①ブログ用
ⅢA②ブログ用
プロフィール

teganoumi

Author:teganoumi
当会はボランティアで運営しております。メール問い合わせには数日いただく場合がございます。
メールはkashiwa.rekishi.club*gmail.comまで、*を@に変えて送信願います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-