FC2ブログ

スマホアプリ「柏ウォーク」が放送大学で

放送大学の講座「日常生活のデジタルメディア」で、
当クラブも協力したスマホアプリ「柏ウォーク」がとり
上げられます。このアプリは東京大学空間情報科学
研究センター・有川正俊先生の研究室が開発された
ものです。

同講座は、4月7日~7月21日の毎週土曜16時45分~
17時30分に放映中(全15回)。柏ウォークがとりあげら
れるのは、第6回「ジオメディア」です。日時は以下。
・5月19日(土)16時45分~17時30分

「GPSとは」から始まり、柏の葉公園でアプリを実際に
使いながら説明、そのあとアプリの特徴や今後目指す
ものなどについてのインタビューで、とても分かりやす
くまとめられています。

このアプリでは、いろいろな施設でつくって印刷された
マップや、柏飛行場がくっきり写っている戦後の空中
写真などを利用していることから

アナログの地図とデジタルの融合 
通常の位置情報(現在)に時間軸を加えた

と評価され、15分近く紹介されています。
どうぞ、ご覧ください。
※5月19日以外でも、夏季集中講座(8月25日(土)13時
~13時45分)で放映されます。


柏ウォーク(ブログ)
スポンサーサイト

レクリエーション協会「柏の歴史・自然を知るウォーキング」開催

(公財)日本レクリエーション協会による「あそびの日」
キャンペーン、「第6回柏の歴史・自然を知るウォーキン
グ」が、5月20日(日)に開催されます。当会も後援。
 子どもからシニアまで、ご家族連れや10歳以上なら
子どもたちだけでも参加可能で、メモをしながら仕上げる
歴史ファイルも付いています。申し込みが必要なため、
詳細は、☎FAX 04-7133-5079か090-4601-5306(松戸さん)
までお問い合わせください。

     

■「あそびの日」2018
第6回柏の歴史・自然を知るウォーキング


日時:2018年5月20日9時~12時頃
集合:9時、柏市中央体育館
解散:12時頃
見学場所:当日のお楽しみ
対象:子ども~シニア
※家族連れ、10歳以上なら子どもたちだけの参加もOK
定員:50人
参加費:500円(保険代、資料代含む)
申込み:5月19日(土)までに、ハガキかFAX
(事前に郵便振り込み、当日受付もあり)
主催:(公財)日本レクリエーション協会
後援:スポーツ庁、柏市教育委員会、柏歴史クラブ他
問合せ:☎FAX 04-7133-5079、
     090-4601-5306(松戸さん)

2018あそびの日1

2018あそびの日2

当会後援「柏の歴史・自然を知るウォーキング」

 (公財)日本レクリエーション協会主催の「第5回柏の歴史・自然を知るウォーキング」が開催されます(当会後援)。これは、年1回「あそびの日」に開催されるもので、今年5回目、手賀地域を歩きます。
当日はメモしながら完成させる「歴史ファイル」も配布。子どもたちにもわかりやすい内容で、10歳以上なら、子どもだけの参加もOKです!
                   

日時:5月21日(日)午前9時集合、12時解散
集合・解散場所:手賀の丘公園どんぐりの家前
内容:ガイドを聞きながら、皆と交流しながら、手賀周辺をウォーキング
※メモをしながら完成させる「歴史ファイル」付き。
対象:子どもからシニアまで。家族連れ、友だち連れ、お一人の参加、いずれも大歓迎!
※10歳以上なら子どもだけの参加もOKです
定員:50人
申込み:必要。ハガキ・FAXで申込み。5月13日(土)締め切り
参加費:1人500円(保険代・資料代ほか)
主催:(公財)日本レクリエーション協会 
共催: (一財)日本ユースホステル協会・(一財)休暇村協会・(一財)公園財団
    千葉県レクリエーション協会・柏市レクリエーション協会
    千葉県学校レクリエーション研究会
申込み・問い合せ先
柏市レクリエーション協会 松戸良一さん、
04―7133―5079(FAX同)、090―4601―5306

遊びの日のちらしおもて
遊びの日チラシ裏





秋水のスケッチ画を寄贈いただきました

 イラストで東葛の魅力を発信しているとうかつマーチング委員会様から、ロケット戦闘機・秋水のスケッチ画を寄贈いただきました。
  柏西ロータリークラブ例会で、当会の上山和雄代表(國學院大学教授)が卓話スピーカーを務めた際に小林太時様よりご寄贈。とうかつマーチング委員会は東葛6市の名所旧跡、季節の風景や野鳥などをスケッチ画で描き、絵葉書・一筆箋・名刺・カレンダーなどオリジナル商品にして販売しています。
 同委員会の「ふれあい百景」のなかには、この秋水画も入っています。スケッチ画に関するお問い合わせは
とうかつマーチング委員会事務局 TEL:04-7188-0161 、FAX:04-7187-3011

秋水スケッチ(ブログ)


「第2回こんぶくろ池展」が開催されます

こんぶくろ池公園(仮称:こんぶくろ池自然博物公園)の保全・調査・管理活動を行っている「NPO法人こんぶくろ池自然の森」が、「第2回こんぶくろ池展」を開催します。当会は「歴史コーナー」で展示の協力をします。

こんぶくろ池展会場

■柏に残る多様性の森 「第2回こんぶくろ池展~氷河期から生き残る貴重な植物群と湧水~」
 2カ所の湧水を東京ドーム4個分の緑が覆う「こんぶくろ池自然博物公園」は、豊かな生態系が残る里山公園です。
 貴重な動植物が多く、氷河期の遺物と言われ冷温帯を分布域とする、ズミ・クロツバラ・ヌマガヤなどもあります。今回の展示会ではそれらの貴重な動植物を、写真・パネル・標本で紹介。そのほか、公園づくりをしているNPO活動や太平洋戦争時の遺構(掩体壕、秋水燃料庫)の写真、近隣小中学校の子どもたちの絵などを展示します。

日時:10月5日(月)~8日(木)/午前10時~午後8時
    (5日は、午後1時から、8日は、午後6時まで)
場所:柏市民ギャラリー(柏高島屋ステーションモール8階)
入場料:無料
主催:NPO法人こんぶくろ池自然の森
後援:柏市、柏市教育委員会
協力:柏歴史クラブ
問合せ:04-7132-8800(公園管理棟/10時~17時)

【展示コーナー】
1)動植物コーナー:動植物の写真、パネル、標本など
2)NPO法人の活動紹介:調査・保全活動、イベントの写真
3)歴史コーナー
  「こんぶくろ池周辺の変遷」を地図、航空写真で展示/
  公園に眠る戦争遺跡(秋水燃料庫、掩体壕)、掩体壕の模型
4)近隣の小中学校の子どもたちの作品
5)こんぶくろ池に関わる一般作品展示 :絵画、彫刻、工芸作品
6)テレビモニターによる公園・活動紹介
7)こんぶくろ池に関わる研究 他

第2回こんぶくろ池展おもて(ブログ)
第2回こんぶくろ池展裏面(ブログ)




(2015_8_26)
プロフィール

teganoumi

Author:teganoumi
当会はボランティアで運営しております。メール問い合わせには数日いただく場合がございます。
メールはkashiwa.rekishi.club*gmail.comまで、*を@に変えて送信願います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-