「柏市花野井 秋水燃料庫調査報告書」を販売中

昨秋から今春にかけて実施した、秋水燃料庫の
調査結果を含めた報告書が7月に完成し、販売を始めました。

・「柏市花野井 秋水燃料庫調査報告書」
 (2017年7月24日柏歴史クラブ発行)
・A4版52ページ、全カラー、1冊1500円(税込)
・内容 
  「秋水と液体燃料」
  「空中写真に見る花野井・大室燃料庫の変遷」
  「調査経過」 
  「写真」
  「秋水燃料庫の 建築‐花野井1号基を中心に‐」

◆柏市の「中村順二美術館」で販売
中村順二美術館
 ・柏市大津ヶ丘1-41-5 (04-7191-2299)
 ・午前10時~午後6時(月曜・火曜日休館)
 ・入館無料

◆指定口座へお振込みいただき、お届け先住所まで送付することも可
 ※送料・手数料 4冊まで500円別途
※以下、当クラブ事務局まで、お名前、郵便番号、住所、電話番号、
  冊数をお知らせください。

柏歴史クラブ事務局
kashiwa.rekishi.club@gmail.com

報告書表紙(ブログ)
報告書表紙(ブログ)
※この報告書はパルシステム千葉NPO助成基金を活用して
作成しました



スポンサーサイト

花野井の秋水燃料庫見学会について

◆9月17日(日)開催の花野井・秋水燃料庫見学会

 9月17日の秋水燃料庫見学会は、柏市の天気予報が
「弱雨」となっていますので、予定どおり実施します。

※見学会の参加受付は8月12日講演会で行ったため、
すでに締め切っています。
(2017‐9‐16 19時20分)

事務局
kashiwa.rekishi.club@gmail.com
090-6301-7417




「秋水」の地下燃料庫見学会を開催します

11月22日の秋水燃料庫見学会は定員に達しましたので、申し込み受付を終了いたします。たくさんのご応募、ありがとうございました。(11月11日14時)
*柏市補助金で制作した当会の「柏の戦争遺跡&柏の葉~花野井散策マップ」は、柏市郷土資料展示室前(沼南庁舎)に置いていただいています(無料配布)。
ご活用ください。

■「秋水」の地下燃料庫見学会を開催します
 当会では陸軍柏飛行場(第2次世界大戦時)の戦争遺跡調査を進めてまいりました。4年前に柏の葉キャンパス駅近くで発見された有人ロケット戦闘機・秋水の地下燃料貯蔵庫5基のうち、1基の表土がエリア整備の過程で取り除かれ、完全な形で姿を現します。戦争中に使用されていたことも分かっている非常に貴重な遺構です。1日だけの許可をいただき、下記の要領で「解説+現地見学会」を開催します。参加ご希望の方は、事務局までお申し込みください。
なお、雨天決行、荒天のみ中止です

日時:11月22日(土)午後1時30分~3時30分
場所:①概要説明(午後1時30分~2時30分)
        :千葉県立柏の葉公園・公園センター大会議室
   ②現地見学(午後2時30分~3時30分):公園センターから徒歩で移動(5分)
※車で来場される場合は、柏の葉公園の駐車場をご利用ください(普通車で4時間以内 300円)。
参加費:会員無料、会員外300円(資料代含む)
申込方法:参加される方全員の「お名前」「ご住所」「電話番号」を、事務局までご連絡ください。
定員:100人(申し込み先着)
※荒天時、中止の連絡は差し上げません。会ブログで確認いただくか、事務局までお問合せください。
※電話の場合、非通知設定はご遠慮下さい。
※携帯メールの場合、事務局からの返信が届かない設定になっていることがあります。お申し込みをいただいた場合、必ず返信を差し上げます。返信メールがお手元に届かない場合、受付が完了しておりませんので、ご注意ください。
後援:柏市教育委員会
問い合わせ:事務局メールアドレス kashiwa.rekishi.club@gmail.com 

燃料庫見学会(ブログ)




(2014_11_5事務局)



秋水復元機を見てきました

 2月のはじめ、名古屋に行って秋水復元機を見てきました。
県営名古屋空港(旧小牧空港)近くの工場と住宅が隣接した地域に、三菱重工業(株)名古屋航空宇宙システム製作所南小牧工場はありました。史料室はその正門近く。空調の音だけが低く響く静かな展示室に、秋水を含む3基の小型機が置かれていました。見学のあと、室長さんとしばし歓談。ありがとうございました。(事務局)
※同史料室は要予約。月・木曜日の午前9時~午後3時(正午までと書かれた資料もあり)。問い合わせ・予約は℡0568-28-1112


ブログ用(あおい交通)
▲名古屋駅近くの「ミッドランドスクエア」前の停留所から、あおい交通「県営空港行き」に乗車し、終点から一つ手前の「豊山」で下車。乗車時間は行きは15分、帰りは栄によるため25分、料金は片道700円。高速に乗り、あっという間についた感。


ブログ用(三菱外全景)
▲正門横で受付をすませ、史料室へ。史料室前には「F86F(旭光)」「F104J(栄光)」、ブルーインパルスにも採用された「T-2試作初号機」が展示。


ブログ用(秋水1)
▲有人ロケット「秋水」。丸みを帯びた形と着陸のときに使用された「そり」にやはり目を引かれる。

ブログ用(秋水後ろ)
▲白煙をはきながら噴射したはず。高度1万メートルに3分30秒で到達した推進力を想像させる。

ブログ用(ゼロ戦1)
▲終戦まで約1万機が製造された零戦。

ブログ用(ゼロ戦後ろ)
▲零戦後ろから。


◆◆◆◆◆◆


ブログ用(おもてなし隊)
▲名古屋城に立ち寄り、今話題の「おもてなし武将隊」も見学。










花野井・大室地区の地下壕調査を実施

■花野井・大室地区の地下壕調査を実施しました■

 柏市花野井・大室の「秋水燃料貯蔵庫」は何基現存しているか――会では未確認だったため1月16日(日)、秋水に詳しい会員を中心に有志4人で調査しました。

 国交省が2009年度に実施した「特殊地下壕実態調査」によると、柏市内に残っている地下壕は3基。そのうち「危険又はその可能性のある地下壕」はゼロとなっています。その調査結果が正しいかどうかの検証も、今回の調査の目的の一つでした。

 写真はいずれも地下壕の出入り口の現状(花野井)。
『柏に残された地下壕の謎』の地図をもとに、地元の方の聞き取りもしました。「花野井地区に4基残存」ということになりそうですが、片方の出入り口しか確認できなかった地下壕もあり、詳細は後日まとめられ、発表される予定です。

 この日は寒風の中、雪を踏みしめての探索となりました。毎度のことながら藪こぎの腕が試されるハードな一日でした。


ⅠAブログ用
ⅠBブログ用
ⅡA①ブログ用
ⅡB①ブログ用
ⅢA②ブログ用
プロフィール

teganoumi

Author:teganoumi
当会はボランティアで運営しております。メール問い合わせには数日いただく場合がございます。
メールはkashiwa.rekishi.club*gmail.comまで、*を@に変えて送信願います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-